正常な血圧値にする方法

血圧は年齢を重ねると高くなります。今まで血圧が低かった方も50代を過ぎますと高くなることがありますので注意しましょう。また、日頃から健康面に気遣った日常生活を送ることで高血圧になることを防ぐことができます。

高血圧はサイレント・キラーとも呼ばれている

高血圧は医療機関での測定値が140/90mmHg以上を指します。高血圧症は自覚症状が出にくく、また感じたとしても頭痛や肩こりなど特異的ではない症状のため本人が自覚しずらく、知らない内に進行し、ある日突然倒れたりする事があります。そのためサイレント・キラーと呼ばれる怖い病気です。高血圧状態が続くと、血管に常に過剰な圧力が加わります。過剰な圧力のため血管壁は厚くなり、傷が付いて行きます。するとその部分にコレステロールなどが溜まりマクロファージと共にプラークという粥状のこぶを作ります。硬くなった血管にプラークが溜まるため、血液は正常に流れる事ができず、更に強い圧力で血液を流さなくてはいけなくなり、血圧がまた上昇するという悪循環に陥って行きます。この状態を動脈硬化と呼び、治療しなければ溜まったプラークはどんどん増え、最悪では完全に血管を塞いでしまいます。そうすると閉塞した先の組織に酸素や栄養が行かなくなり組織が壊疽を起こしたり、虚血症状を起こしてきます。またプラークの一部が剥がれ落ち、血流に乗ってしまうと心臓や脳などでつまり心筋梗塞や脳梗塞を起こします。動脈硬化は全身の動脈全てに起こる病状のため、心臓の冠動脈も動脈硬化を起こして硬く、詰まりやすくなっています。そのため虚血が起こり狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなっています。また圧が高い血管に血液を送り出さなくてはいけないので、心臓の筋肉には過剰な負担がかかり、心肥大や心臓弁に異常が出て来たりします。早期に治療して血圧を正常にしてあげれば、初期の場合は完治できます。ある程度進行してても、服薬や治療で危険を回避する事ができます。症状がないため高血圧を放置している人が多いですが、静かに身体の中で進行しています。早めの医療機関受診をお勧めします。

●高血圧治療薬ノルバスクの詳細はこちら
ノルバスクの効果・体験談
●高血圧治療薬はミカルディスも人気
ミカルディス